ダイエットするためにウォーキングを試してみた方も多いのではないでしょうか?
でも、ただ歩くだけではなかなか効果が出てこないようです。
そこで、今回は正しいウォーキングの方法についてお話してみたいと思います。

スポンサードリンク

ウォーキングでダイエット

ダイエットのためのウォーキングの歩幅は、通常歩くときよりも大きく開いて、背筋をしっかり伸ばします。
理想の歩幅は、ウォーキングの場合は身長×0.45くらいがいいそうです。
身長160cmの人ならば、70cmくらいになりますよね。

腕を大きく振って、腰を少しひねりながら大股で早足で歩きましょう。
つま先で地面を蹴って、かかとで着地します。
最初は15分程度からはじめて、だんだんと慣れてきたら、30分、1時間と増やしていくといいと思います。

脂肪が燃焼してくるのは、運動開始後20分ほど経ってからなので、止まらないで歩き続けましょう。
これを週に2、3回できるとベストだと思います。

歩く速さは、少し息が上がる程度がいいそうです。
リズミカルに腕を大きく振って、さっさと歩きましょう。
歩く速さをアップすることで、ヒップも引き締めることができますよ。

ウォーキングを定期的に行うことで、じっくりと脂肪を燃焼させて痩せやすい体づくりができると思います。

ただし、注意することは、空腹のときに行なうと立ちくらみが起こったりしますので、必ず少し食べてから行ったほうがいいですよ。
その時は低カロリーのダイエット食品などにしてくださいね。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

簡単 有酸素ダイエット運動:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://diet.16f9.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。